資産に余裕があるなら変額保険を活用してみよう

生命保険はたくさんの種類があり、どんなタイプの生命保険に加入したら良いのか迷う事もあるかと思います。
生命保険をかける時に、一般的には月払い保険料を支払う事が多いと思いますが、ある程度資産に余裕のある方は、変額保険等を利用する事もあるのです。
この変額保険とはどのようなものなのでしょうか。

変額保険とは

変額保険とは特別勘定の資産の運用等に利用される保険商品で、保険金額や解約返戻金が運用によって変動する保険商品の事である。
他の死亡保険や個人年金保険等は、加入する時点で保険金額や満期保険金額が確定しているのに対し、変額保険は確定していないと言うメリットとリスクが隣り合わせになっている保険商品でもあるのだ。

変額保険の種類と特徴

ひと口に変額保険と言っても、終身型や養老型、年金型などがあるのだ。
一般的には一時払いでまとまった金額を運用する場合に加入する事が多く、解約返戻金や満期保険金が運用状況によって変動する代わりに、死亡保障については一定額で保障されていると言う事が特徴的である。
変額保険は運用実績によって大きく資産を増やせる可能性もある一方で、運用実績によっては、資産が減ってしまうリスクも伴うものである。
その為、ハイリスク、ハイリターンな保険商品であると言っても過言ではなだろう。
株価などとの関係も深い事から、本当に資金に余裕のある方向けの保険商品であると言えるのである。

変額保険のまとめ

変額保険は運用実績や株価によって一時払いで預け入れた資産が増えたり減ったりすると言う可能性がある保険商品である。
景気がイマイチな時に加入して、景気が良くなったら解約すると言うテクニックを用いる事も可能で、資産運用向け保険商品である。
一般的には万一の時の為に生命保険に加入するものですが、生命保険にはいろいろな種類があります。
その中でも比較的少額の保険料で大きな保障を準備する事が出来る定期保険がありますが、定期保険にも種類があるのです。
どのような種類があるのでしょうか。

収入保障型保険

死亡保険の中でも定期保険に分類し、通常の定期保険との違いは、一時金として保険金を受け取るのではなく、毎年、或いは毎月に決められた保険金を受け取る事が出来ると言うものである。
死亡保障というと、これまでは一時金としてほぼ一括で受け取る事が多かったのだが、近年良く見かけるようになったスタイルの保険でもある。
支払開始から契約満了時まで毎月か毎年、定額を受け取る事が出来る為に保険金を計画的に活用する事が出来る点が最大のメリットだと言えるだろう。

収入保障型保険が向いている方とは

家族の大黒柱と言う存在の方、お子さんが居て、まだ小さいお子さんが居る方に向いている保険だと言える。
一定期間の間、大きな保障を確保し、万一の時の生活費にも困らないよう配慮する事が出来るからだ。
なるべく保険料を抑えて、万一の時の保障を大きく備えたいと言う場合にも有効な保険であると言える。

収入保障型保険は主流になりつつある

収入保障型保険は、前述したように保険金を一括では無く分割で受け取る事が出来る事から、計画的かつ有効活用出来るとして、近年では主流になりつつあると言える。
大きな保障を1度に受け取っても、保険金に関してトラブルが発生する事も考えられる事から、そういったトラブルも未然に防ぐ事に役立っていると言えるだろう。
定期保険ではあるものの、こうした工夫がされている保障であれば、加入する際にも、納得上で加入する事が出来るのではないだろうか。

生命保険ランキング
■一番選ばれている生命保険の入り方!人気ランキング|保険タウン
■http://hoken-town.jp/

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

△PAGE TOP